DOE++ software tool for experimental design and analysis

DOE++の特長

Click to see a picture of the software interface...ReliaSoftのDOE++は、製品やプロセスに影響を与える要因を究明するために活用される実験計画法(DOE)を使い、重要要因や最適な設計を手にするためのアプリケーションです。

本アプリケーションでは、信頼性DOEにおける標準的なメソッドを網羅するとともに、間隔打ち切りデータ、右側打ち切りデータのための的確な分析をおこなうために画期的とされる様々な手法も採用しています。

DOEアプリケーションは、信頼性分析のために設計されています。

DOE++は目的とする要因や要因の作用を通じて重要な要因のスクリーニングから最適なパフォーマンスのための入力レベルの選択まで、DOEストラテジーのすべてのフェーズにおいて必要となる設計と分析を支援します。設計と分析においては強力かつ柔軟なインターフェースを搭載。関連する分析を一つのファイルで簡単に管理することができます。

対応する設計タイプ

DOE++では、従来のDOE設計タイプへの対応はもちろん、間隔・右側打ち切りデータを適切に扱うことのできる「信頼性DOE」と呼ばれる手法にも対応しています。その一例をご紹介しましょう。

  • ワンファクター設計
  • 要因計画
    • 2レベル完全要因計画
    • 2レベル一部実施要因計画
    • プラケット・バーマン
    • 一般完全要因計画
    • 田口メソッド
  • 田口ロバスト設計
  • 応答曲面法設計
    • 中央複合
    • ボックス・ベンケン
  • DOE++のみの手法です。
    信頼性DOE
    • 対応する設計タイプすべてで活用可能です。

DOE++では、 自由記述式フォリオ多重線形回帰ツール を用意し、設計を設定することなく、反応とそれに対する要因との回帰関係について素早く情報を得ることができます。

応答データに対する詳細な分析

DOE++は試験における応答データについて、詳細な分析をおこなうことができます。その一例をご紹介しましょう。

  • 分散分析情報 — 応答における要因への影響の概要を提示します。
  • モデルの有効性を支援する、測定基準の適合
  • レベルごとの情報および、単一要因設計の比較
  • 出力における影響をそれぞれの要因、相互作用、グループにおける重要性に分別することができます。
  • 信頼性DOEにおける尤度比試験結果の提示

分析結果をグラフィカルに提示する優れたプロット機能

DOE++では、分析結果をグラフィカルに提示するための様々な診断、解釈的分析、予測などのプロットをサポートしています。それぞれのプロット(それぞれの関連性とユーティリティに基づき、選択できる設計タイプはことなります)の選択に加え、柔軟な並列プロットユーティリティを活用することにより、設定された反応に対して複数のプロットを同時に提示することができます。また、オーバーレイプロットユーティリティでは異なる反応分析を比較することができます。

レベルプロット

  • 反応VSレベル
  • 平均レベル
  • 寿命特性
  • ボックスプロット
  • 平均PDF
  • 比較チャート

効果プロット

  • 効果可能性
  • パレートチャート
  • 主要効果
  • 相互作用
  • 相互作用マトリックス
  • 期間効果
  • キューブプロット
  • 散布図
  • 等高線図

残差プロット

  • 残差確率
  • 残差と近似
  • 残差と命令
  • 残差と要因
  • 残差ヒストグラム
  • 残差自己相関
  • 近似と実際

診断プロット

  • テコ率
  • クックの距離
  • ボックスコックス転移

強力な最適化フォリオとともに成果を実際の場面へ

DOE++最適化フォリオは、ユーザーが設定した限界値内で対応値を生成する要因レベルの組み合わせを試すための強力なツールです。より適切な出力、限界値内での入力を可能とする組み合わせの可能性の提示など、より適切な出力をみちびくための要因レベルの組み合わせを得ることができます。

DOE++10にアップグレードする理由

  • 拡張されたアクション追跡機能を実装したプロジェクトプランナーの統合、自動監視とアラーム、さらに容易になった分析検索とフィルタリング、リソース管理のためのバッチプロパティエディタ、ユーザーアカウント管理をおこなうアクティブ・ディレクトリとのさらに高度な統合、Synthesisエンタープライズポータルサイトへのアクセスなど、Synthesisプラットフォームによって、主要な機能が大幅に向上しています。
  • 複合設計フォリオ、中央複合設計におけるアルファベースのファクターレベルの設定、特定の結果を無視できるオプションの搭載、テストランにおける複数回計測、信頼性DOEに対する形状パラメータの選択など、様々な機能を実装しています。
  • 最適化プロットと3Dプロットの機能向上と新規実装、インタラクティブなプロットズームのほか、同時に複数のプロジェクトをオープンできるようになり、また、Synthesisワークブックによってレポートのカスタマイズが可能になりました。

[詳細]