Orion eAPI: エンタープライズシステムは、資産効率管理に特化したアプリケーションです。

Reliability Business IntelligenceTM

Click to see a picture of the Orion eAPI software, an enterprise system focused on using reliability and maintainability analysis to support asset management...Click to see a picture of the Orion eAPI software, an enterprise system focused on using reliability and maintainability analysis to support asset management...効果的な資産活用管理には、次のような疑問に素早く、簡単に、信頼性とともに回答を見つけることが必要になります。

  • 稼動寿命における機器の信頼性はどれくらいか。
  • システム休止時間における保守スケジュールの影響は。
  • 機器を効率的に運用するためには、どれほどのパーツを持つべきか。

資産管理における重要なポイントは、RAM分析です。

ReliaSoftのOrion eAPI(エンタープライズ向け資産効率インテリジェンス)ソフトウェアツールは、資産効率管理のためのエンタープライズ向けソリューションです。このシステムは、 生のデータを意味ある情報に変貌させ、 組織における戦略的な判断を支援します。

様々なデータベースから生データを収集

Orion eAPIは多種多様なデータベースだけでなく、SAP、Maximo、Oracle、Access、SQLサーバーなどのCMMS/EAMシステムと接続することができます。それぞれのデータソースに向けた専用のアダプターを実装し、業務命令や製造損失データ、その他の関連情報を、発生ごとにOrionシステムに取り込むことができます。

最も効果的なRAM分析手法を導入

Orionには様々なデータ分析モジュールがされ、正確な機器効率性評価を行うことができます。この過程では、最も効果的な信頼性と保全性に関する分析手法(RAM)が活用されています。その一部をご紹介しましょう。

  • 寿命データ分析(Weibull分析)
  • 根本原因分析(RCA)
  • 最適予防保全期間
  • 保守部品需要予測
  • 信頼性成長追跡

本システムでは、ReliaSoftの擁するアプリケーションツールにも簡単にアクセスすることができます。RAMSモデリング、ライフサイクルコスト(LCC)予測、寿命・ストレス関連モデリング、FMEA、信頼性中心保全(RCM)、フォールトツリー分析、保守効率性試算をはじめとして、設備に関する様々な分析を手にすることができるのです。

主要パフォーマンスインジケーター(KPI)を表示、追跡

主要パフォーマンスインジケーター(KPI)モジュールでは、「トラブルメーカー」、MTTF/MTBF、平均修理時間、可用性、故障回数、製造ロス、修理費用などに関する効率管理における判断に資する広汎なな基準を提供します。表示内容はユーザーのニーズによってカスタマイズすることが可能であり、各種の基準が既定の値を超えて変動したときに自動で報告メールを送信するように設定することもできます。

改善プロジェクト管理により、コストコントロールと可用性向上を実現

組織として費用管理や信頼性、可用性に関するプロジェクトを決定、実施する際に有効な手段も、Orionには実装されています。計画の優先度を決定し、進捗を管理できるほか、停止している進行についてのメール報告、投資利益追跡などの機能を備えています。

資産効率管理における、パワフルなソリューション

エンタープライズ規模に対応し、データベース主体のOrion eAPIは、単体で様々な可能性を持つアプリケーションです。広汎な関連データ分析、改善計画、行動計画を集中的に管理することができ、資産管理ナレッジベースを組織内に構築することもできます。機能情報を相互に管理することができ、将来における時間、費用を削減することになる多くの教訓を、現在の資産管理業務から蓄積することができるのです。