Lambda Predictの特徴

Click to see a picture of the software interface...ReliaSoftのLambda Predictは、MIL-HDBK-217F(MIL-217)、Bellcore/Telcordia、FIDES、NSWCメカニカルなど、公表されている主要な標準に基づいた信頼性予測を行うためのアプリケーションです。

Lambda Predictでは、グラフィカルなチャート、ユーザー設定可能なレポートとともに網羅的な計算結果を提供します。その他、使い勝手のよい部品ライブラリー機能、信頼性配分ユーティリティ、ディレイティング分析、データの書き出し、取り込み、コピー&ペーストなど、データ転移と管理についての機能など、充実した支援ツールを実装しています。

Lambda Predictでは、グラフィカルなチャート、ユーザー設定可能なレポートとともに網羅的な計算結果を提供します。その他、使い勝手のよい部品ライブラリー機能、信頼性配分ユーティリティ、ディレイティング分析、データの書き出し、取り込み、コピー&ペーストなど、データ転移と管理についての機能など、充実した支援ツールを実装しています。

信頼性予測分析に対応する総合的プラットフォーム

MIL-HDBK-217F、Bellcore/Telcordia、FIDES、NSWCメカニカルに基づく

Lambda Predictアプリケーションは、標準にもとづいた信頼性予測分析プロセスの各段階において支援します。ユーザー中心の設計により、様々な点で使いやすさを提供しています。

  • システムコンフィグレーションの構築(最初から、もしくは部品表などのファイルから、さらに、設定されたパーツライブラリなどの外部資料からも作成可能です)。
  • 部品の性質、稼働環境を、二つの異なる「見方」から設定することができ、データ入力支援環境を提供します。
  • コンフィグレーションの各レベルにおいて計算結果(Piファクター、故障率、平均故障間隔など)を得ることができます。
  • グラフィカルなプロット、チャートを活用し、分析結果をわかりやすく提示することができます。
  • 決断、知識の普及を支援する、見やすいレポートを作成することができます。

ディレイティング分析

Lambda Predictでは、システムにおけるディレイティング分析を簡単におこなうことができます。分析では、汎用的なディレイティング標準を使用することも、ユーザーが設定した条件を使用することができます。アプリケーションは、それぞれのアイテムにおけるディレイティングステイタスを視覚的に表示し、より詳細な分析情報やプロットを調べることができます。NAVSEA-TE000-AB-GTP-010、MIL-STD-975M(NASA)、MIL-STD-1547、海軍航空システムコマンドAS-4613、ECSS-Q-30-11-Aなどの各種標準に対応しています。

信頼性配分

配分ユーティリティでは、製品設計信頼性における条件に適合する累積信頼性において、その低いレベルの設計環境に適合するものについても、論理的に分配するために五つの配分モデルを選択する事ができます。イコール配分、AGREE配分、目的配分実行可能性、ARINCアポイントメントテクニック、修理可能システム配分などのモデルを活用することができます。

書き出しと取り込み、コピーとペーストによる、柔軟なデータ管理

Lambda Predictでは、ユーザーの分析情報をリレーショナル型データベースに格納します。このデータベースにより、様々な有用なデータ管理における利点を手にすることができます。既存のライブラリ、分析からのデータの特定と再利用などを可能とする柔軟なユーティリティを備えています。さらに、書き出しと取り込み、コピー&ペーストを活用したデータの転移や複製を利用することもできます。

Lambda Predict10にアップグレードする理由

  • アクション追跡機能が拡張された統合型プロジェクトプランナーの実装、自動監視とアラーム、さらに容易になった分析検索とフィルタリング、リソース管理のためのバッチプロパティエディタ、ユーザーアカウント管理をおこなうアクティブ・ディレクトリとのさらに高度な統合、Synthesisエンタープライズポータルサイトへのアクセスなど、Synthesisプラットフォームによって、主要な機能が大幅に向上しています。
  • NSWC-11に対応し、さらにMIL-217パーツカウント予測についても専用のフォリオを追加。
  • FIDES分析における寿命プロファイル管理のためのフェーズを新設したほか、FIDES分析プロットを新たに追加。

[詳細]